==Ad==

能代・白神山地の観光スポット

イメージ写真

お勧めのやど

あきた白神温泉ホテル
あきた白神温泉ホテル

R101号線八森町北部消防署又はローソンより500m/JR五能線東八森駅より

地元八森漁港の魚介類中心の料理とツルツルの天然温泉

観光スポット

快速リゾートしらかみ[詳細はこちら]

リゾートしらかみ青池編成

 

クルージングトレイン「リゾートしらかみ」は秋田と青森(弘前)を1日3往復する快速列車で「青池編成」と「ブナ編成」そして「くまげら編成」があります。五能線クルーズの特徴は、鯵ヶ沢⇔五所川原間で津軽三味線の生演奏や津軽弁の語り部を実施。(1号車にて)日本海に沈む夕陽がばっちりかも?(海側がA席)

なおボックスシート車両は寝そべったり足を伸ばしてゆっくり座れます。

車内の様子 夕陽の様子

→詳しくはJR東日本秋田支社のページへ

→リゾートしらかみの切符情報はこちら


世界自然遺産白神山地(しらかみさんち)

白神山地のブナ

→白神山地のエリアガイドはこちらへ

白神山地は1993年に屋久島とともに日本で最初に登録されたユネスコの世界自然遺産の1つです。何故ここが登録されたのかというと、昔は日本のあらゆるところにあったブナの原生林はもはや他では見られなくなったのです。この広葉樹林が普段の生活にもたらすものは物凄くあるそうですのでみなさんも一度この自然の素晴らしさを体験されては?

  • アクセス:リゾートしらかみに乗って「あきた白神駅」もしくは「鯵ヶ沢駅(あじがさわ)」からミニ散策コースが設定されています

能代市こども館

能代市こども館

ホームページへリンク

米代川河口近くにあるこども館。プラネタリウムやロケット化学、宇宙工学、そして日本海中部地震などの能代に災害の歴史などを展示。工作スペースでは各種イベントが行われています。屋外にはバスケットゴールがある。

●アクセス:能代駅より車で7分ほど。総合体育館近く。

体験記事


能代火力発電所・エナジアムパーク

能代火力発電所

ホームページへリンク

能代火力発電所に併設している東北電力のPR館。

管内では電気の不思議コーナー、熱帯植物園、スポーツ広場、冒険広場、展示ホールなど様々な施設があります。入場は無料。

●営業時間:9時30分~16時30分/アクセス:能代駅より車で10分。駐車場有。

エナジアムパーク

体験記事その1体験記事その2


ウェスパ椿山(うぇすぱつばきやま)

ウェスパ椿山展望風呂
ホームページへリンク

駅の目の前にある昆虫館、コテージ、物産館、ガラス工房、温泉、バンガローなどが立ち並ぶリゾート施設。

●営業時間:7時~21時

●アクセス:ウェスパ椿山駅下車目の前

ウェスパ椿山 ウェスパ椿山 ウェスパ椿山

体験記その1


十二湖(じゅうにこ)、青池

十二湖

十二湖は広大なブナの森に点在する33の湖沼が、大崩から見ると12個見えることから名付けられました。中でも有名なのは「青池」。本当に真っ青な色をした水面は1日に何度もその色を変えるといいます。十二湖の中でも一番奥で途中からは歩いてゆくことになりますのでトレッキング気分でゆっくり自然を満喫してください。

●アクセス:十二湖駅より弘南バス「奥十二湖」行きで終点下車

十二湖 十二湖


斜陽館と津軽三味線会館(五所川原市金木)

斜陽館
ホームページへリンク

五所川原から津軽鉄道に乗り換えて30分、金木駅を降りるとそこは太宰治の生まれ故郷。太宰の生まれた家を改装した資料館「斜陽館(写真上)」や「津軽三味線会館(写真下)」をゆっくりとご覧いただいてじっくり津軽三味線を聴いてみてください。虜になること間違いなしです。

●入場料:共通入場券は大人700円

●営業時間:9時~17時

●アクセス:津軽鉄道「金木駅」より徒歩7分(駅から案内板があります)


弘前公園(弘前城)

弘前公園
ホームページへリンク

桜の名所としても全国的に有名な弘前公園。弘前城を中心とした市民公園。

●営業時間:9時~17時

●アクセス:弘前駅より徒歩15分、100円バスもあります。

==Ad==