小坂鉄道レールパーク

下記の情報は変更になっている場合もございますので各ホームページ等にて最新の情報を確認の上ご利用下さい。

kosakarp01

小坂鉄道レールパークは秋田県小坂町の明治百年通りにある、元々は小坂鉄道小坂駅だったところを観光施設にした鉄道テーマパーク。
全国でもここでしか体験できないディーゼル機関車の体験運転ができます。他にも鉄道ファンはもちろん、鉄道に興味がなくても昭和ノスタルジーを感じられるちょっと懐かしくてほんわかした施設です。

そして2016年からは国鉄~JRで運転されていた寝台特急あけぼの車両を譲り受け、簡易宿泊施設のブルートレインあけぼのとして営業を開始しました。

入館料として大人500円、小人250円、幼児無料がかかります。

 

小坂鉄道レールパーク(観光施設)

小坂鉄道レールパーク公式ホームページはこちら

kosakarp02

小坂鉄道レールパークは元々は小坂と大館駅を結んでいた小坂鉄道が前進。廃止となった後も、施設は残され、小坂鉄道保存会や小坂町を中心にその活用方法を考えた結果、鉄道テーマパークとして生まれ変わりました。その主役の一つがこちら。
ディーゼル機関車の運転。まだまだ現役です。製造から50年近くたった古い機関車たちがまだどれも使える状態で保存されているのはとても珍しい。

月に1~2回程度18歳以上なら誰でも運転体験ができます(ただし事前に講習等を受けなければなりません)

ディーゼル機関車運転体験については公式ホームページのこちらをご覧ください

kosakarp03

そこまで本格的な鉄道ファンでない方はこちら、観光トロッコ。
小坂駅構内の奥までこのトロッコに乗ってゆったりと見渡すことができます。奥には昔使われていた貨車やディーゼルカー、貨物施設などもそのまま残されています。

観光トロッコは入場料の外に、大人300円、小人150円かかります。

 

kosakarp04

一方、見学できる機関庫もあり、使用していない機関車や除雪車などが展示。こちらの機関車の運転席に乗ることもできますよ。
機関士の帽子も置いてあるので写真を撮るだけでもまるで機関士の気分が味わえます。

 

kosakarp05

こちらはギネスにも乗った『廃線1日復活プロジェクト』で使用されたエボルタ電池列車。
段ボールでできていて、中にはエボルタの単1電池が99本使われています。たま~に動かす時があるので当たればラッキー!
普段は機関庫内で展示されていますので見ることはできますよ。

 

kosakarp06

そしてもう一つ体験できるのが、線路を走るレールバイク。簡単に言えば電動アシスト付の自転車です。
駅の奥まで自転車をこいで、折り返してきますがなかなかスピードも出て面白いですよ。
欲を言えばもう少し距離が長くてもいいかなとは思いますね。

こちらは入場料の外に大人500円、小人250円かかります。

kosakarp07

そして私が担当している体験型プラレール遊び『親子鉄コーナー』。
毎月1日(主に第2か第3日曜日)に開催。小坂鉄道保存会で開催していますので特に料金はかかりません!
こちらのブログにて情報を掲載していますので是非遊びにいらしてくださいね。他にも、駅員さんになりきって写真撮影をする「なりきりフォトコーナー」、鉄道絵本を集めた「読み聞かせコーナー」、親子向け鉄道雑誌「鉄おもコーナー」なども同時開催。親子で鉄道を通じて遊べる空間を作っています。

 

kosakarp11

タブレット。わかる人にはわかると思います。
懐かしいでしょう!是非このタブレットとタブレット受けも見にいらしてください。昭和のまま止まったままの空間がそこにはあります。

 

ブルートレインあけぼの(宿泊施設)

kosakarp09
そして2016年より本格営業を開始しました簡易宿泊施設『ブルートレインあけぼの』。
青森車両センターに所属して青森から上野まで運転していた24系客車より、B寝台車オハネフ24、B寝台個室オハネ25、A寝台個室オロネ24、そして電源車カニ24の4両が現役寝台列車として使用されています。
このブルートレインあけぼのが他と違うのは夕方と朝には動くんです!つまり全国で唯一動態保存されているブルートレイン、日本で最後のブルートレインになります。

kosakarp10
宿泊予約をされている方は夕方16時半からと朝9時前にB寝台車に乗車いただき、小坂駅構内の運転体験をしてもらうことができますよ。
実際にディーゼル機関車が牽引し動き、また月に1度は小坂鉄道保存会メンバーが車掌となり、当時の車内放送を再現します。
実際に寝台列車に乗ったことがある方も初めての方も感動間違いなし。

kosakarp12
実際に宿泊できるのは、B寝台個室かA寝台個室のみ。個室なので周りを気にすることなくゆっくりと過ごすことができます。
あけぼの用の24系を使っているのはこれがメリットですね。
写真はA寝台個室のシングルデラックス。幼児は添寝ができるほか、2部屋をつなげて利用することもできるので電話予約時にご確認ください。

 

営業日は平成28年4月22日~11月27日までの土・日・祝およびその前日となっております。
宿泊料金は下記のようになっています(すべて税込)。

  

区 分 A寝台個室(定員2名) B寝台個室
(定員1名)
1人使用 2人使用
(2人目の料金)
大人
(高校生以上)
4,320円 1,080円 3,240円
小人
(小・中学生)
3,240円 810円 2,160円
幼児
(未就学児)
無料(添い寝のみ)

小坂鉄道レールパークの地図(Googleマップ)

【リンク】

親子鉄おススメ・小坂鉄道レールパーク

親子鉄おススメ・ブルートレインあけぼの

小坂鉄道レールパークの最新ブログ記事はこちら