==Ad==

大館・小坂・十和田湖の観光スポット

イメージ写真

お勧めのやど

小坂ゴールドパレス
小坂ゴールドパレス

十和田湖の西玄関口(車で湖まで30分)。

日本最古の芝居小屋「康楽館」まで徒歩5分。
JR花輪線『十和田南駅』より車で15分/東北自動車道『小坂IC』より県道経由約2km

 

観光スポット

小坂鉄道レールパーク[詳細はこちら]

小坂精錬鉄道

 

博物館 駐車場有

奥羽本線の大館駅と小坂町の22.3kmを結ぶ貨物専用鉄道。以前は同和鉱業小坂線として気動車も走っていましたが、平成6(1994)年9月に旅客営業を廃止し現在に至ります。平日を中心に1日2往復程度硫酸輸送貨物列車が運行されておりましたが2008年3月をもって廃止されました。廃止後も機関車やディーゼルカー、駅舎などはしっかりと保存され、2014年6月小坂鉄道レールパークとして生まれ変わりました。レールパークでは機関車の運転体験や観光トロッコ列車の他、近くの線路を活用したレールバイク&トロッコなども体験できます。
2016年4月には「ブルートレインあけぼの」という寝台列車を活用した宿泊施設もオープン。日本で唯一動態保存されている最後のブルートレインです。

小坂鉄道レールパーク 小坂鉄道レールパーク 小坂鉄道レールパーク


秋田犬、忠犬ハチ公像ホームページへリンク

忠犬ハチ公像

その他 駐車場有

秋田犬(あきたけん)は大館地方に古くから棲息し、国の天然記念物7犬種の1つです。秋田犬として有名なのは東京渋谷駅前に鎮座する忠犬ハチ公。実はそのハチ公の像が大館駅前にもあるのです。大館駅前のハチ公は若い頃の姿だそうです。

●アクセス:大館駅前すぐ


大館樹海ドーム(じゅかいどーむ)ホームページへリンク

大館樹海ドーム

スポーツ 駐車場有

天然秋田杉を使用した世界最大級の木造ドームで、野球はもちろんコンサートや各種競技、大型イベントなどに使用されています。

●アクセス:大館駅より秋北バス「小坂」行きで「天下町入口」下車

大館樹海ドーム


康楽館ホームページへリンク

旧小坂鉱山事務所

小坂鉱山事務所(写真下)ホームページへリンク

博物館 駐車場有

日本最古の木造芝居小屋「康楽館」とかつて鉱産額日本一を誇った小坂鉱山事務所はともに国指定の重要文化財。この事務所は平成9(1997)年までは現役で使われていたものを移築し、資料館として中を見ることが出来ます。明治~大正、昭和とその繁栄を重ねた歴史を垣間見ることが出来ます。

●入場料:共通入場券は大人900円(康楽館の公演を除く)
●営業時間:9時から17時
●アクセス:大館駅より秋北バス「小坂」行きで45分終点「小坂駅前」下車いずれも徒歩5分

小坂康楽館小坂康楽館


小坂町郷土館ホームページへリンク

小坂町郷土館

博物館 駐車場有

樹海ラインで山を下ると町の位置口にある郷土館。小坂高山の歴史と共にある小坂町の様子を知ることができます。

●入場料:共通入場券は大人900円(康楽館の公演を除く)
●営業時間:9時から17時
●アクセス:大館駅より秋北バス「小坂」行きで45分終点「小坂駅前」下車徒歩5分

 小坂町郷土館


十和田湖(とわだこ)ホームページへリンク

十和田湖

自然 駐車場有

十和田湖は、標高400mにある二重のカルデラ湖でヒメマスが有名。中心部の休屋(やすみや)からは遊覧船も出ており、子ノ口(ねのくち)を結ぶ船と、休屋からの周回コースがあります。もう一つ有名なのは「乙女の像」。高村光太郎の作品で休屋の御前ケ浜に建っていますので記念写真は忘れずに。

●アクセス:小坂町より相乗りタクシーで2000円もしくは花輪線十和田南駅より秋北バス「十和田湖」行きで50分、終点下車


奥入瀬渓流(おいらせけいりゅう)

奥入瀬渓流

自然 駐車場有

焼山(やけやま)から十和田湖畔の子ノ口までの14kmにわたる渓流を奥入瀬渓流と呼び、国の特別名勝・特別記念物に指定されています。遊歩道が整備されているのでゆっくりと見て歩くことが出来ます。ただし全部を歩くのは厳しいと思いますのでくれぐれも無理はしないように。

●アクセス:十和田湖子の口より遊歩道有り

==Ad==