==Ad==

大森山動物園ミルヴェ

下記の情報は変更になっている場合もございますので各ホームページ等にて最新の情報を確認の上ご利用下さい。

oomoriyama01

秋田市の西部、新屋地区の小高い山の上にある大森山動物園。東北でも有数の動物園でここ数年来場者も増え続けています。

大森山動物園ミルヴェのページ(秋田市)へ

秋田市立大森山動物園にはフラミンゴ、白鳥、フクロウなど鳥類、人気のペンギン、カピバラ、レッサーパンダ、小動物とのふれあいコーナー、ゾウ、キリン、チンパンジーなどのエリア、ベンガルトラ、ライオン、オオカミなどの猛獣エリア、などいくつかのエリアに分かれ、ゆっくり見学すると半日ほどかかる広さです。
また子どもたちが遊べるアソヴェの森、休憩施設ミルヴェ館、遊園地アニパなどもあり小さい子供から大人まで動物好きにはたまらないスポット。

入園料:大人720円(高校生以下無料)/年間パスポート1230円
開園期間:3月下旬~11月末(冬季は冬の動物園として週末のみ開園)
開園時間: 9時~16時30分
休館日:毎週火曜・水曜・木曜日(祝祭日は除く)
アクセス:秋田駅よりバス「新屋/大森山動物園行き」で30分。車の場合は第1~第4まで駐車場有(430台)

 

大森山動物園の写真

oomoriyama02
動物園の入り口下には秋田の土崎工場製D51が保存。2015年に綺麗に塗りなおされて運転席まで入れる状態となっています。

oomoriyama03
子どもたちに一番人気のアソヴェの森。距離の長い滑り台やアスレチックで楽しそうに遊ぶ子どもたちの姿を見ることができます。

oomoriyama04
中央の塔から滑り台はスタート。子どもはもちろん大人でも楽しめますよ。

oomoriyama05
小さなサルたちがいる『さるっこの森』。ちなみにニホンザルの猿山はまた別のところにあります。

oomoriyama06
ペンギンも大森山動物園では人気の動物。ここでは40羽以上のペンギンが飼育されています。

oomoriyama07
こちらも大人気のレッサーパンダ。愛嬌のあるレッサーパンダはご飯の時間(まんまタイム)でかわいらしくご飯を食べる様子を間近で見ることができます。

oomoriyama08
ふれあいコーナーでは羊、ヤギ、ポニーに触ることができ、また時間によってはウサギやハムスターなどを持って触れ合うことができます。

oomoriyama09
こちらは冬の動物園の様子。冬の間、動物園は休園となりますが、一部期間の週末に限り開園され冬眠していない動物の冬の姿を見ることができます。

oomoriyama10
冬の動物園でのカリフォルニアアシカへのごはん(まんまタイム)の様子。ご飯は1個100円で購入でき誰でもご飯をあげることができます。

大森山動物園の地図(Googleマップ)

==Ad==