==Ad==

横手かまくらまつり

下記の情報は変更になっている場合もございますので各ホームページ等にて最新の情報を確認の上ご利用下さい。

kamakura01

秋田の冬のお祭りの代名詞『横手のかまくら』。全国各地にある「かまくら」の中でもやはり横手市は有名。

横手のかまくらは400年以上の歴史があるといわれ、雪でできた「かまくら」の中に水神様をまつり、家内安全・五穀豊穣・商売繁盛を願うものです。昭和29年より毎年2月15日と16日に開催され(プレイベントが13日と14日にも開催)、たくさんの観光客が寒い中訪れています。

横手市観光協会のページへ

横手市の中心部にあるかまくら館付近をメイン会場に、横手城公園、雄物川地区など複数に分かれて開催されています。

ちなみに横手市では「かまくら」の作り方にも正式なものがあるそうです。

●入園料特になし。

●開園時間: 18時~20時ころの夜間がおススメですが、日中も見ることができます。

●アクセス:車の場合秋田自動車道横手ICから車で10分。JR横手駅から徒歩7分ほど。ただし車の場合は中心部まで入れないので郊外の臨時駐車場へ停めてシャトルバスで移動となります。

 

横手かまくらまつり2015の写真

kamakura02

横手南小学校から武家屋敷跡までのかまくら。

人通りも少なく、また武家屋敷の風情もあり歩いてみるには最高のスポット。

メイン会場からは歩いて10分ほどになります。

kamakura04

武家屋敷跡会場では近くには店舗やトイレなどはないので横手南小学校か事前にすませてください。

 

kamakura05

かまくらの中にも入ってみてくださいね。

写真は子どもですがその広さは大人でもゆっくりできるくらいです。メイン会場の「かまくら」には水神様もまつられていますので必ずお参りをしてから入ってください。

 

kamakura06

こちらは雄物川地区にある木戸五郎兵衛村の会場。

横手市内のメイン会場からはシャトルバスで移動となります(車でも20分ほど)。

旧家の中でのイベントや外の会場には雪の滑り台もあり昔の遊びを楽しむことができます。

 

横手市かまくら館付近の地図(Googleマップ)

==Ad==